ダイエット中のある日、B型肝炎給付金請求をしようと弁護士に相談した

B型肝炎はB型肝炎ウイルスに連続で同じ注射器を使った集団予防接種や感染者からの母子感染で、
感染してしまう肝臓の病気です。
原因が本人にはなく、集団予防接種を行った国にあるということで給付金を支給することで、
患者の苦しみを軽減させるようにしています。
ダイエット中に、B型肝炎給付金請求をしようと弁護士に相談をすると、
条件を満たしていれば給付金を受け取ること可能です。
しかし、例え給付金が受け取れたとしても、ダイエットをしつづければ、
病気が悪化してしまうのではなんにもなりません。
というのもダイエットをすれば、体は肝臓に脂肪を溜め込むようになります。
それがやがて脂肪肝、肝硬変、肝臓がんへと進行して命の危険が出てくるからです。
その知識がある弁護士であれば、ダイエットはすぐに辞めるように忠告されることでしょう。